Cheese cake au potimarron / 絶賛されたかぼちゃのチーズケーキ✨(レシピ付き)



昨日は夫の家族が集まっての賑やかごはんだったので、デザートを作って持っていった。

最近フランスのかぼちゃ、ポティマロンが出て来だしたので、プリンに続き、チーズケーキにすることにした。

 

みんな思った以上に喜んでくれて、レシピも聞かれたので、ここに載せておくね。

ちょと手順はあるけど、基本的に混ぜて焼くだけっていう簡単な作業なのでぜひやってみてほしい✨

 

かぼちゃのベイクドチーズケーキ

材料:(4,5人前)もちろんどんな型で焼いてもいいけど、目安としてこの分量は直径16〜18 cmのセルクルくらいが適量

①かぼちゃのアパレイユ;

かぼちゃペースト 180 g

クリームチーズ 300 g

サワークリーム 150 g(なければヨーグルトでok)

ブラウンシュガー 75 g

全卵 2個

薄力粉 12 g

バニラ(あれば)

ラム酒(あれば)

②クランブル(下のクッキー生地)

バター 50 g

ブラウンシュガー 50 g

薄力粉 100 g

シナモン、塩 少々

溶かしバター 30 g

レーズン、ひまわりの種 (なくてもok、適量)

手順:

①かぼちゃのアパレイユ

かぼちゃピューレを作る。

かぼちゃは蒸すかオーブンで焼くかして柔らかくしてざるで裏ごしする。

ポティマロンは水分も多いので、8等分くらいに切ってから皮ごとオーブンで焼いて、柔らかくなったらざるでこして皮と身を分けた。この作業は自分のやりやすい方法でやってOK✨

できたかぼちゃピューレと上の材料をボールに入れて混ぜ合わせる。

②クランブル

バターを角切りにして、砂糖と薄力粉、シナモン、塩を一緒に入れて手ですり混ぜる。

バターが粉全体に混ざり合ったらオーブン160度で15分くらい焼く

焼きあがったクランブルに好みでレーズンとひまわりの種と溶かしバター30gを加えて型に敷き詰める。

型に敷いた感じ↑

③クランブルを敷き詰めたら①のアパレイユを流し込んで160度50分くらい焼き上げる。

④冷ましてお好みで生クリームを絞ってかぼちゃの種を振りかけて完成✨

適当に作ったものの思ったより美味しかったのでよかったー✨

チーズケーキっていろんな素材を受け入れてくれるから色々広がって面白い!

 

ついでにこの前さつまいもでもプリンを作った!

かぼちゃのプリンと同じレシピで。

かぼちゃの部分をさつまいもに変えただけ✨

これも美味しかった!

フランスのさつまいも、Patate douce は水分が日本のものより多めで甘さもさっぱりしている。

最初フランスに来た頃は、日本のさつまいもだと思って食べるから、がっかりしてたものの、今ではすっかりこのpatate douceのファン♡

野菜それぞれに個性があるから、それを楽しめばいいんだねー♡

 

サリュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です