Dorayaki💘 / 銅鑼焼き作りが楽しい。

ありがたいことに、どら焼きクラスが人気になってきて嬉しい。
どら焼きの皮の作り方はいたってシンプルだから、この機会に餡子もお家で炊いて欲しいなぁと思ってしまう。

需要があるかどうかは、わからないけど、餡子炊きのクラスも開催しようと思う。
餡子炊きは達成感はすごくあるのだけれど、作業は地味だし、ずっと餡を練り続けるのでちょっと大変だ。
でも家で餡子を炊くのに慣れたら、美味しい和菓子が気軽に食べれる(しかも自分好みの甘さで!)ので、すごくお勧めしたいなぁ。

学生時代、近所のおばあちゃんが毎年2回春と秋に、おはぎとぼたもちを自家製の餡子で作ってお裾分けしてくれるのが、毎回楽しみだった。
甘さ控えめで愛情たっぷりな美味しいおはぎは思い出の味だ。
私も思い出に残る餡子を炊けるようになりたい。

通常、どら焼きクラスはお持ち帰りが6個だがご希望によって(追加料金はかかってしまうけど)追加のお持ち帰りもできる。
今日のお客様は全部で20個を作成してお持ち帰りした。

美味しそうにこんがりといい色に焼けている。

まん丸などら焼きの皮は満月のような形で可愛い。

粒あんのどら焼きにバターを入れて挟んでも美味しいんだよね。
和菓子は油分を使ってないから良いのに、あえてカロリープラスしちゃってるけど・・・

そして、うちの夫はもっぱらチョコレートどら焼きを頬張っている。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です